私の臨床現場の魅力(15)スクールカウンセリングへようこそ|徳田仁子

徳田仁子(京都光華女子大学/私立高校SC)
シンリンラボ 第15号(2024年6月号)
Clinical Psychology Laboratory, No.15 (2024, Jun.)

1.スクールカウンセラーの仕事とは?

スクールカウンセラー(以下,SCと略す)の日々の仕事は,子どもや保護者のカウンセリング,教師とのコンサルテーション,研修会講師やお便りの発行などの広報活動などさまざまである。学校現場の主役は子どもとその担任であり,SCは黒子的存在であることが多い。

「チーム学校」の一員として教職員やスクールソーシャルワーカー(SSW)との協働,外部機関(病院やクリニック)との連絡調整も大切な業務である。

2.学校コミュニティの見立て

「校長が変わると学校が変わる」といわれる。確かに校長の一言で不登校生徒の別室利用の仕方が変わるなど影響力は大きい。一方,教頭は朝一番に登校し最後に帰るなど学校運営の補佐役としての責務が強い。SCとして新たに赴任する場合や新学期には管理職に挨拶し,学校づくりの目標や課題を聞いておきたい。

職員室にいると教職員同士の関係や管理職と教員との関係が分かってくる。特に児童・生徒の下校後の職員室や教室は穏やかな空気に包まれており,教師の素顔や本音に触れるチャンスでもある。

日頃から養護教員との情報交換や交流を密にしておくと関わりのヒントが得られる。職員間のコミュニケーションが停滞している場合はそれなりの理由がある。情報収集の場として雑談や懇親会の機会も活用したい。

3.15分面接で聞くこと

児童生徒からの相談は原則として授業時間ではなく休み時間や放課後に受ける。15分程度の面接に有益な「BATHE法」(成田,2014)の枠組みはとても有効である。

B:background【来談の事情】あなたの生活に何が起こっていますか?
A:affect【最近の感情状態】それについてどのように感じていますか?
T:trouble【苦悩(状況に対する主観的解釈)】一番困っていることは何ですか?
H:handling【処理(機能・活動の状態)】それにどう対処していますか?
E:empathy【理解と共感】あなたにとってそれは大変難しい状態でしょうね。

成田(前述)はさらに「これからどうしたいですか?」と治療意欲を確認している。子どもの場合未来志向的な協働作業を提案すると再来談に繋がりやすいようである。

H:hope【希望】これからどうなりたいのかな? そのために必要なことはどんなことだろうね。すぐに答えが出ないかもしれない問題だから一緒に考えてみよう。

4.危機対応

学校で事故や事件が起こると,SCには心のケアの対応が要請される。特にいじめに関しては,いじめ防止対策推進法により組織の一員としての活動が求められている。学校現場にいることのメリットを最大限に生かして実際に何がどのように起こっているのかという多面的な見立てを基に,手立てをしっかり立て,こころの回復は長期に渡ることを関係者に伝えた上で誰も孤立させないような援助を心がけたい。

5.スクールカウンセリングの魅力

授業参観で教室の後ろから子どもの背中を眺めてみるとクラスの雰囲気がよくわかる。絵や書道などの作品は心の表現の一つでもある。

東日本大震災の被災地の小学校に京都府からの派遣SCとして行った時のこと,小学3年の教室では数人の児童が同じように上り棒を上るポニーテールの女の子の絵を描いていた。子どもたちに聞くと口々に「上り棒名人のAちゃん」に上り方を教えてもらったという。担任から仮設住宅で生活している子と伺い,放課後〈上り棒上手なんだってね〉と話しかけた。

Aちゃんは上り棒に上って見せてくれ,「仮設はとても暑いの。でもここは空に一番近くて風が気持ちいいんだよ」と手を伸ばした。不自由な生活の中でもAちゃんの心がのびのびと自由であることに感動し〈頑張りすぎないようにね〉と伝えると,彼女は「分かった」と手を振った。心が触れあってお互いに元気になる……。こんな素敵な出会いのチャンスがあるのも学校現場ならではの醍醐味と感じている。

文  献
  • 成田善弘(2014)新版 精神療法家の仕事─面接と面接者.金剛出版.

徳田 仁子(とくだ・きみこ)
所属:京都光華女子大学
資格:公認心理師・臨床心理士。中学・高校教員(英語)
主な著書:
学校臨床における見立て・アセスメント.In:学校臨床心理学・入門.(有斐閣,2003)
不登校の理解と対応.In:学校臨床.(金子書房,2012)
趣味:合唱/美術館に行くこと/スイーツを食べること

目  次

コメントを書く

あなたのコメントを入力してください。
ここにあなたの名前を入力してください

過去記事

イベント案内

新着記事